純チタンクラウン

TITANIUM

大臼歯の純チタンクラウンが保険適用になりました

2020年6月1日より、鋳造タイプの純チタンクラウン(6番、7番、8番)が保険適用となりました。弊社では以前よりチタン鋳造機を保有し、長年チタン床製作で純チタンを取り扱ってきたためチタンの性質や特性に精通しており歯科医院様、歯科技工所様よりご要望がございましたら製作可能となっております。
従来の鋳造床の純チタンメタルとは違い純チタン2種がチタンクラウン製作用のメタルとなりました為、メタルの操作性も向上しております。
近年の金銀パラジウム合金の高騰に対応すべく、弊社ではチタン2種金属やクラウン用の材料などを事前に準備し数々のテストを繰り返し臨床導入が可能となっております。

Meritメリット

  • 金属アレルギーを起こしにくい
  • 強度が高い
  • 被せ物が外れにくいように保持孔や保持溝を付与することができる
  • 薄く作ることができる

Demeritデメリット

  • 金属のため目立ってしまう
  • 調整が多少困難

CAD/CAM冠との使い分け

金属アレルギーのある人の場合、大臼歯部にコンポジット製のCAD/CAM冠を入れることが出来ます。CAD/CAM冠は見た目が白く審美的なので、可能であればCAD/CAM冠を使ったほうが良いでしょう。しかし歯の高さが低かったり、噛む力が過剰に強い人の場合には、コンポジット製のCAD/CAM冠が適応できない場合があります。そのような人に対してはチタン製の被せ物を使います。

純チタンの製作ならお任せください

「新しい情報を持っている技工所を探している」「難易度の高い技工物を制作してほしい」
当社では純チタンの製作代行を行っています。純チタン以外にも、CAD/CAMやジルコニアの製作代行も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

生体親和性 非常に良い
審美性 セラミックと比較すると劣る
納期 中5日
ページトップへPage top